1. TOP
  2. 寝袋の選び方

寝袋の選び方

寝袋は形状によって「封筒型」と「マミー型」がある。車での移動を前提とする収納サイズ(超コンパクトでなくてよい)、メンテナンスの容易さ、予算的な観点から、中綿にダウンを使用した高価なモデルは必要なく、化学繊維モデルで必要十分。「快適温度域」は「最低使用温度」とは別なので気をつけたい。寒がりを自認するなら使用時の温度からさらにマイナス5℃位を「最低使用温度」として目安にしよう。

封筒型寝袋

締め付けが少なく、布団に近い寝心地。キャンプになれない人にもお勧めできる。拡げるとブランケットのように使うことも可能で、2つをジッパーでつなげてダブルサイズの寝袋にすることが可能なモデルもある。収納サイズはマミー型より大きめ。

マミー型寝袋

アタマまですっぽりと入り顔だけ出す形状で保温力は高い。体にフィットするので慣れないと窮屈に感じるかも。みの虫のような形状が一般的だが、手足が付いた「人型」のものもある。封筒型よりコンパクトに収納できる。