1. TOP
  2. ランタンの選び方

ランタンの選び方

キャンプは夜の時間帯も楽しみの1つ。焚き火を見ながらゆっくり過ごすのは贅沢な時だ。夜の食卓やキッチンを照らしたり、テント内にも光は必要でランタンは必須ギアだ。燃料の違いで大きく「ホワイトガソリン式」「ガス式」「バッテリー式」の3つに分けられる。「ホワイトガソリン式」「ガス式」は発光体(マントル)を燃やして光源を得るタイプ。これら燃焼式ランタンの光は独特の雰囲気の良さがある。マントルの大きさによって光量に違いが出る。火を使うのでテント内など屋内では使用できない。「バッテリー式」の光源はLED。テント内を照らす際には必須だ。大光量の「バッテリー式」ランタン1つで事足りるとも言えるが、欲を言えば屋外用に燃焼式、テント・タープなどの屋内用にバッテリー式と2つあるのが理想的。ちなみにランタンとバーナーの燃料を統一しておくと使い回しがきいて便利。また、燃焼式ランタンはマントルの「空焼き」という作業が必要になる。

ホワイトガソリン式

液体燃料のホワイトガソリンを使う。低温時の使用でもパフォーマンスが下がらないのが特徴。使用前に燃料タンクに空気を送る「ポンピング」という作業が都度必要。点火ボタンが無いタイプは「柄付きライター」が必要になる。大型の物が多いのでランタンスタンドでの使用が基本。

ガス式

カセットガス、またはアウトドアガスを使用するタイプ。燃料バルブを開けて点火ボタンを押せば着火する手軽さがうれしい。大小様々な大きさがあり、テーブルランタンとして使用できる小型の物もある。カセットガスはコンビニや100円ショップでも手に入るが特殊な物を除いて低温時のパフォーマンスが低下する。アウトドアガスはカセットガスよりは低温時のパフォーマンスは落ちないがホワイトガソリンに比べて割高で、入手もアウトドアショップにかぎられる。

バッテリー式

光源はLEDで、乾電池式と充電池式がある。サイズは幅広い。安いものを大量に並べてサイトを飾り彩る楽しみもできる。大光量モデルなら燃焼式ランタンに引けを取らない明るさがある。屋内で使用できることもそうだが、夜間トイレへの移動時にも手軽に使えるため必須アイテムだ。