1. TOP
  2. バーナーの選び方

バーナーの選び方

キャンプ中すべての調理を焚き火や炭火で行うのは初心者にはハードルが高い。そこで弱火から強火まで微調整が効くバーナーを利用する。燃料の違いで「ホワイトガソリン式」と「ガス式」があり、火力に大きな違いは無く、平均的価格帯の物であれば価格差も少ない。それぞれ「ツーバーナー」と「シングルバーナー」の物がある。「ツーバーナー」は安定感のある五徳と耐風性が特徴。シングルバーナーは非常にコンパクトで湯沸かしや簡単な調理時にさっと出して使える機動性が特徴。寒い時期の使用には断然「ホワイトガソリン式」がおすすめ。ちなみにランタンとバーナーの燃料を統一しておくと使い回しがきいて便利。

ホワイトガソリン式

液体燃料のホワイトガソリンを使う。低温時の使用でもパフォーマンスが下がらないのが特徴。使用前に燃料タンクに空気を送る「ポンピング」という作業が都度必要。ホワイトガソリン式ツーバーナーの場合、右側バーナーがメインで左側バーナーはサブ的な仕様となる。左側バーナーは右側バーナーをつけないと着火できず、火力も弱火のみ。着火はマッチや柄付きライターが別途必要。

ガス式

カセットガス、アウトドアガスのカートリッジを使用するタイプ。家庭用ガスコンロに近い手軽さがあり、燃料バルブを回して点火ボタンを押すと着火する。低温時や連続使用時に火力が落ちる傾向があるが、低温時、連続使用時にパフォーマンスが低下しずらい機能を搭載したモデルも出てきている。カセットガスは非常に安価でコンビニなどでも入手可能。最近は家庭用のカセットコンロにもアウトドアでの使用を想定した風防対策がされた物もある。