1. TOP
  2. タープの選び方

タープの選び方

キャンプ時のリビングにあたる場所を作るのがタープ。日差しや風雨を防ぐためには必須のギアだ。
タープは大きく別けて2種類、「一枚布型」と「スクリーン型」。開放的でスッキリとしたレイアウトに出来るのが「一枚布型」、天候に左右されにくい安心感のある「スクリーン型」。収納スペースやキャンプ場の状況なども考慮して選びたい。

一枚布型

形状がいろいろあり(ヘキサ、ウィング、スクエア等)、生地の大きさも異なる。開放的でスッキリとしたレイアウトに出来るのが特徴だが、風通しがよく風雨の強いときや寒い時期の使用は厳しい。構造がとてもシンプルゆえに設営にはコツがいるが、慣れると状況に応じて展開バリエーションを楽しめる(西日を遮るために側面を下げたり、逆にタープポール等を使って側面を上げたりできる)。収納サイズはコンパクトに収められ、比較的軽い。

スクリーン型

テントのような形状で側面のドアパネルをすべて閉めれば、風雨を防げるため悪天候にも対応できる。側面がメッシュになっているモデルなら通気性を確保しつつ虫除けにもなる(この点、虫が苦手な人にはお勧め)。ただ、炎天下では蒸し風呂状態になるので木陰などをうまく使いたい。構造はテントと同じなのでサイズも同じ、重量もある。収納サイズもテントと同サイズもしくはテントよりも大きくなる事もある。車載容量や家での収納場所なども考えたい。